限りある資源を大切にする未来へ

Toward a future 

that values 

limited resources

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

循環型社会の構築の
実現のために

大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会のもとで、便利で豊かな暮らしを送ってきた私たち。


しかしその一方で、天然資源の枯渇や廃棄物処理場の不足といった課題が浮き彫りになってきました。

環境への負荷を減らし、問題を解決していくためには、循環型社会への転換が必要です


株式会社リ・セゾンは、人にも地球にも優しい社会を実現し、豊かな未来への懸け橋をつくり上げてまいります。

項目を追加

ABOUT US

リ・セゾンとは

OUTLINE


クレディセゾン×サイクラーズ
循環型社会を実現するためには、サーキュラーエコノミーの追及が欠かせません。そのためには、モノの残存価値を高く評価し、高効率で循環させることで新しい二次産業流通市場を形成する必要があります。そこで私たちは、クレディセゾンとサイクラーズの2社の力を結集することにいたしました。低環境負荷で残存価値を最大限に活かせるリソースを構築し、皆が楽しく、便利に再循環できるようなマッチング・ネットワークを提供してまいります。
サーキュラーエコノミーの

追求と実現

そのために「リ・セゾン」ができること

クレディセゾン

リースアップ品を中心とした潤沢かつ安定的な商品在庫を保有。これまでの実績に裏打ちされた高い品質とブランドイメージで、二次資源産業のための基盤づくりをいたします。

サイクラーズ

故銅店をルーツに、資源循環型社会を目指した取り組みを続けてきた会社です。再循環のハンドリングやノウハウだけでなく、総合リサイクラーとしての機能も果たしてまいります。

一貫したトレーサビリティが可能に

2社の力を結集することで、二次資源産業発展のリードを実現。

推進過程で発生する廃棄物の再資源化率も向上するでしょう。

一貫したトレーサビリティが担保されます。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

VISION

サーキュラーエコノミーの追求と実現
新しい二次流通市場を切り拓いていくためには、数多くの乗り越えるべき課題があります。しかし、その問題も協業により解決することが可能。モノのフローに関係する事業者が創造性を発揮し、協力しあうことで、確実に前進していけます。サーキュラーエコノミーが形成された社会では、動脈・静脈という切り分けはありません。モノやサービスを使って利便性を享受しながら、再循環の二次流通市場やリサイクル市場にも参加していく必要があります。新たな市場への参加者のためにも、私たちは歩みを止めません。

SUSTAINABLE

「SDGs(持続可能な開発目標)」達成に向けた取り組みは、私たちにとって大きな目標。サーキュラーエコノミーの追求と実現もその一つです。発展だけでなく、課題の解決に向けた活動を通して、今よりももっと便利で豊かな社会を目指してまいります。もちろんそのためには、個人や会社の成長が欠かせません。一人ひとりが力を発揮し続けるためにはどうすればよいか、皆様に必要とされる企業であり続けるためにはどうすればよいか……。常に考え追求し続けることで、社会の持続的成長に貢献してまいります。
項目を追加

COMPANY

会社概要
項目
テキスト
社名
株式会社 リ・セゾン
本社所在地
〒140-0013
東京都品川区南大井6-26-3 大森ベルポートD館8F
役員
代表取締役     谷島遼
取締役           山田晃一
社外取締役     冨田亮
社外取締役     福田隆
監査役           加藤一繁
出資比率
クレディセゾン 50%
サイクラーズ  50%

設立
2022年8月18日
資本金
30,000,000円
事業内容
資産の引揚げ、販売、マテリアルリサイクルを通じた再循環・再資源化

許認可
東京都公安委員会 古物商許可 第302162220111号
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

TOP MESSAGE

代表取締役 谷島遼
急速な発展により便利になってきた現代。しかし、大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会では、いずれ衰退してしまうでしょう。豊かで安心な暮らしを続けるためには、循環型社会への転換が必要不可欠。そのためには、一人ひとりが持つ能力や知識を結集し、協力しながら歩んでいかなければなりません。人も地球もベストコンディションを保ち、豊かな未来へとつなげていくために……。新たな一歩を踏み出した私たちに、ぜひご期待ください。
項目を追加

NEWS RELEASE

ニュースリリース
ここに投稿した記事が表示されます。
実際の記事はPreview、公開サイトを確認ください。

タイトルが入ります。

サブタイトルが入ります。
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。